店舗情報

店舗情報

久保田

  • 久保田
  • 久保田
  • 久保田
  • 久保田

今改めて『久保田』を知る

image1 朝日酒造は江戸時代後期の天保元年(1830年)に『久保田屋』の屋号で酒造りをはじめました。今、朝日酒造のメインブランドとなっている『久保田』は、その創業時の精神に立ち返って造られた日本酒であり、その後、多くの愛飲者を魅了しつつ、平成27年(2015年)には発売から30周年を迎えています。
その記念すべき30周年の節目にあわせ、改めて、『久保田』という日本酒の魅力をしっかりと伝え直していくとともに、新たなる愛飲者を開拓していく必要があるとの想いから、久保田銀座店を出店いたしました。
 この出店に合わせて、『久保田』の価値を最大限にお客様に伝えていくために、特別プロジェクトを立ち上げ、1年以上をかけて『久保田』の各銘柄を、温度帯別や料理との相性などの視点から再研究し、「なぜおいしいのか?」を伝えていくための様々な情報共有をおこなってきています。

お好みの『久保田』を、温度で飲み比べ

image2 久保田には、『百寿(特別本醸造)』『千寿(吟醸)』『紅寿(純米吟醸)』『碧寿(山廃純米大吟醸)』『萬寿(純米大吟醸)』という5つのレギュラーラインナップの他に、『翠寿(大吟醸生酒)』や『生原酒』といった季節限定の久保田なども取り揃えています。
 久保田の大きな魅力の1つは、それらの銘柄を様々な温度によって、味や香りの変化を楽しめることにあります。
 たとえば、萬寿では、10℃程度の冷酒ではキレの良さや心地よい余韻を楽しめ、20℃くらいになると、米本来のうまみや、上品な香りを楽しめます。

酒器を変えて『久保田』を楽しむ

 お酒は、器の違いでその味わいも変化すると言われています。一般的には、口造りの厚さで甘みが変化したり、口径の大きさで酸味が変化したり、また、酒器の高さでは苦味が変化するそうです。
 当店においても、久保田の味、香りがより一層引き立つように、お出しする銘柄や温度によって酒器を吟味しています。たとえば、冷酒ならスムースな口当たりを引き立たせるために平盃をおすすめし、すこし温度が高めの場合は、味や香りの広がりを堪能できるようにワイングラスをおすすめしたりしています。

『久保田』にふさわしい、美味の数々

 久保田に合わせるお料理は、新潟の恵みを余すことなくご用意するとともに、なによりも久保田との相性の良いものにこだわって、四季折々の海の幸、山の幸の中から厳選したものをご提供しております。
 また、提供される料理の1つ1つが、調理職人の手仕事。久保田にふさわしい、美味の数々を、心のこもったおもてなしで楽しんで頂いております。

日本酒の旨みを活かした『宝水鍋』

image3 当店でしか楽しめない料理の1つに、『宝水鍋(たからみずなべ)』という日本酒しゃぶしゃぶがあります。この料理は朝日酒造の日本酒だけで、旬の食材を煮るだけのシンプルな鍋料理。味付けは、ほんの少量の醤油を色付け程度に入れるだけ。味覚の基本は五味(酸味、苦味、甘味、うま味、塩味)といわれていますが、日本酒には塩味以外の四味が含まれているので、少量の塩味を足すだけで味が完成するわけです。
 また、鍋の具材だけでなく、素材の旨みがしっかり入り込んだ鍋のスープもご馳走。日本酒と料理の究極のマリアージュが楽しめる逸品です。

日本酒の美味しさを引き立てる湯煎の燗

 当店では、すべての銘柄を燗酒でも提供しており、その温度帯も、ぬる燗(40℃)、上燗(45℃)、熱燗(50℃)など、お客様のお好みに合わせた温度帯をお選び頂いて提供できるようにしています。
 そして、そのお燗のすべてが湯煎によるもの。湯煎でつけられた燗酒は、格段に香りが引き立ち、口当たりの良い味わいに仕上がります。

店舗データ

住 所 〒104-0061 東京都中央区銀座8-8-8 銀座888ビル3F
電話 / FAX TEL: 03-6264-6888 / FAX: 03-6264-6889
営業時間 【月~金】 ランチ 11:30~14:00、ディナー 17:00~23:00
【土】 11:30~22:00 【日・祝】 11:30~21:00
定休日
備 考 サービス料:5% チャージ料金:お通し 700円(税込)
外部サイト ぐるなび東京版  http://r.gnavi.co.jp/sjc3e5ry0000/

アクセスマップ

このページのトップへ