企業情報

「朝日酒造株式会社」のご紹介

朝日酒造株式会社

地域とともに生きる酒蔵、
酒造りの正道を歩んで。

朝日酒造株式会社

朝日酒造株式会社は天保元年(1830年)に久保田屋の屋号で新潟県長岡市朝日にて創業しました。この地は信濃川の支流、渋海川のほとりにあり、夏は蛍が舞い、秋は紅葉染まる豊かな自然環境に恵まれた酒蔵のある里です。

この地に生まれた朝日酒造は、酒造りに適した米と清冽な仕込水、そして深々と降り積もる雪の恵みを授かり、伝統に培われた酒造りの本流を追い求め、清酒「朝日山」、「久保田」、「越州」、「越乃かぎろひ」など人々に愛され続ける日本酒を醸し続けております。

また「酒蔵のある里」は、周辺の自然環境と調和した中で茶会や寄席、コンサートなどを開催し、素晴らしい日本文化や自然を堪能できる里づくりを進 めております。その酒造りに一途な想いのもと、これからも伝承の心と技を磨き、自然の恵みとともに人々の心に染み入るお酒を、いつまでも世に送り続けてい きたいと願っております。

朝日酒造株式会社ウェブサイトへ

松籟閣,もみじ園

このページのトップへ