ブログ
BLOG

ブログ一覧

  • 旬探訪 越後のごっつぉ 〈 新潟の郷土料理 〉 2019年05月07日
    • 旬探訪


    今回は新潟の郷土料理をいくつかご紹介いたします。

     

    《のっぺ》
    新潟の代表的な郷土料理は家庭によって入れる具材も違えば味も異なります。里芋、牛蒡、人参、蓮根などの根菜類をふんだんに使い、椎茸や貝柱の旨味と塩分を控えた醤油で薄味に仕立てます。里芋で自然なとろみをつけるのも特長です。冬は温かく、夏は冷やして食べます。大鍋でたくさん作るのが普通で、正月やお盆、冠婚葬祭などには欠かせません。


    《鮭の酒びたし》
    古くから鮭の町村上地方に伝わる珍味。塩引き鮭を一年がかりで風乾醗酵させたもので、カチカチになった鮭を薄く切り、日本酒に浸して食します。日本酒王国新潟ならではの一品で、お酒好きな人にはたまりません。


    《えごねり》
    昔から〝ハレの日〟には欠かせない伝統食です。日本海の荒波に自生した天然の海藻「えご草」を煮詰め、練り固めたミネラルが豊富な低カロリー食品です。


    《車麩煮》
    新潟県特産のお麩です。小麦粉から造る生地を棒に巻いて直火焼きする工程を何回も繰り返し作ります。高タンパク低カロリーでもちっとした噛み応えが特長で、煮物などに使われることが多く、味が優しくしみ込み、とても美味。

  • 旬探訪 越後のごっつぉ 〈 促成栽培の山菜 〉 2019年03月18日
    • 旬探訪


    苦みを味わせてくれる
    春の食材といえば山菜です

     

    豪雪地で知られる新潟県魚沼市は、コシヒカリやユリ切花の産地として有名ですが、山菜の栽培にも力を入れており、県内の主要な産地のひとつとなっています。

    魚沼市での山梨栽培は、今から約30年前に旧堀之内町のユリ切花生産者が、たらの芽の促成栽培を始めたのがきっかけです。現在では、うるい、ふきのとうも導入され、魚沼市全域で栽培されています。冬の間、暖かいビニールハウス内で栽培する「促成栽培」により、天然ものより早く出荷することができます。

    たらの芽は、畑で養成したタラノキを11月中旬頃に刈り取り、一節ごとに切断した駒木(こまぎ)と呼ばれるものをビニールハウス内の温床に伏せこみます。2~3週間後、芽がほどよい大きさに生長したら出荷します。駒木の時期をずらしながら順番に伏せこむことで12月から4月末頃までの長期にわたり出荷することができます。

    うるいは、秋に掘り上げた養成株が一定の温度にあわないと芽が出ないため、従来は早くても2月頃からしか出荷できませんでしたが研究を重ね、養成株を冷蔵庫で保存することで、12月からの出荷が可能となり4月末頃まで長期間味わうことができるようになりました。ふきのとうも秋に掘り上げた株をビニールハウス内に並ベ、大きく膨らんだ芽を収穫し、12月から3月末頃まで出荷が続きます。

    山菜の「春の苦味」は大人の味。お楽しみください。

    出典元『新潟県』HPより

  • 大好評!冬の酒楽祭を開催しました。 2019年02月17日
    • イベントレポート

    毎年、大好評の「冬の酒楽祭」が今年も無事開催出来ました。
    (リンク:冬の酒楽祭「冬の越路で日本酒とお料理を楽しむ会」
    お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

    朝日酒造の銘酒とお料理をゆったりとお楽しみいただけるこの企画、
    スタッフ一同、お料理に、くじ引き、お土産にと
    お客様に喜んでいただけるように一生懸命考えて企画しました。
    その甲斐あってか、今年もお客様から「こんなに豪華でいいの?」とのお声を頂けました!

    今年はくじ引きの一等が超豪華!
    洗心一升瓶です!!

    ありがたいことにこのイベントは年々リピーターの方も増えております。
    今年のイベントポスターに載せさせていただいたお客様から去年来た時の写真が載っていてうれしかったとのありがたいお言葉もいただけました(^^)/
    皆さまに愛されるイベントになるように、ますます精進いたします!

     

     

    \イベントの様子を写真でご紹介いたします/